• KAZUNO

オリジナル曲の歌詞をご紹介④(今だけは)

最終更新: 5月7日

オリジナル曲の歌詞をご紹介④(今だけは)


こんにちはKAZUNOです。 今回はかなり昔(10数年前)に作成したオリジナル曲をご紹介いたします。

歌詞の説明

この楽曲はどちらかというと『かわいい曲』になります。 将来結婚するであろう愛し合う若い二人のカップルが深夜にドライブにいったとき『このままの時間がとまったらいいな~』といったシーンを歌にしてみました。 この歌詞の工夫としましては『門限までには帰らないといけない』くだりをシンデレラの話に例えて表現しています。 今は歌うのが少し恥ずかしいときもありますが、これはこれで聞き手によっては共感を得れる部分もあり、聞きやすい曲でもありますのでこのまま大切にしていこうと思っています。 この曲は、下に記載のあるunitiveサイトで動画を無料でご紹介しています。

アーティスト一覧で『KAZUNO』を検索頂けましたらどなたでも閲覧できますので、そちらも合わせてお楽しみ頂けましたら嬉しく思います。


『今だけは』

作詞:KAZUNO

作曲:KAZUNO


今だけは、少し時間を忘れて 静かな車の中で君と二人肩並べていたいな 今だけは、誰にも邪魔されないから 星を見つめながらただ二人で話そうよ あー、僕がパパになり、君がママになったら、君を守るため多忙になるから それまでに二人の愛確かめ会おうよ 輝く星たちがいなくなる前に 今だけは、少し時間を忘れて 星を見つめながらただ二人で話そうよ 君だけは、いつも僕のそばにいるから 飾ることのないありのままの自分でいつもいられるよ 君だけは、僕を信じてくれるから 辛いことがあってもまっすぐ歩けるよ あー、僕が王子様で君がお姫様だったら、カボチャの馬車で迎えに行くかもね そしたら僕にガラスの靴落として行ってね 明日を時計の針がさす前に 今だけは、少し時間を忘れて 星を見つめながらまた明日を探そうよ 一番輝く星を二人で探そうよ

Twitter:https://twitter.com/music_of_powers

instagram:https://www.instagram.com/kazuno88/

unitive:https://unitive.fun/fans/artists/


23回の閲覧